HOME  | 続きを読む »

【 J-pop 最近また、小柳ゆきさんが、出るようになりましたね。 】

日本人の女性シンガーの中で、トップクラスの歌唱力を誇る「小柳ゆき」さんですが、

最近、またテレビなどで、お見かけする機会が増えてきました。


デビュー当時、

いわゆる「コギャル」と呼ばれた、普通の女子高生が、

その小さな体からは、想像もできないような、

超パワフルで、素晴らしく伸びのある歌声を、

披露しているのを見て、とても驚きました。


なにより、声の出し方が、きれいなだけでなく、

17歳の高校生とは思えないような、ソウルフルな歌い方に、

とても感動しました。


デビュー当時の映像や、紅白初出場の時の映像が、

Youtubeにアップされているのを見つけました。

久しぶりに聞きましたが、やはりすごく良いですね。

 

ところが、、、

何曲かヒットさせた後、パッタリと見かけなくなってしまいました。


何があったのかは、知りません。

何年もの間、姿を見かける事はありませんでしたが、

突如また、ここで、10周年記念アルバムというのを引っさげて、

表舞台に出てきてくれた事は、とても嬉しい事です。


最近のライブ
映像を見ましたが、大人になり、さらに深みが加わったようで

すごく魅力的で、やっぱり良いです。

爆発的なパワフルさも健在で、年齢を重ねるにつれ、どんどん魅力的に進化し続けていると思います。



ただ、

何年か前に、韓国でファヨビと一緒に「あなたのキスを数えましょう」を歌っている動画が

アップされていた事がありましたが、その時は、「あれっ?風邪でも引いたか?」と思うぐらい、

高音が出なくなっておりまして、

喉を痛めたのか? と、その後、ずっと気になっておりましたが、

最近のライブ映像を見て、安心しました。

 

これまでも、お気に入りの、

Every Little Thing の持田香織」さんが、喉を完全に潰してしまったケースが

ありますので、わずかな変化にも、「もしや、また?」 と敏感になってしまいます。


持田香織さんは、一時に比べたら、だいぶ高音が出るようになってきたようですが、

昔のような、透き通るような歌声や、太くて伸びのある声量などは、まだまだ戻っていないので、

聞いているこちら側も、とても痛くて、ツライです。

エイベックスとそのスタッフたちは、いったいどんな仕事のやり方を、強要してきたのか。

怒りさえ感じます。


ほかにも、安室奈美恵さんをはじめとする、

小室哲哉氏に、プロデュースされた女性シンガーたちが、高音を無理やり、

搾り出すような歌ばかりをリリースされ、みんな喉を壊してしまったり。

そんな、使い捨てのような、やり方はいい加減、無くして欲しいものです。 

 

小柳ゆきさんの、所属事務所には、

彼女の、宝物のような歌声を、ほんとうに大事にしていただき、

長く、質の良い楽曲を聞かせ続けて欲しいと、願うばかりです。


そして、

持田香織さんにも、昔のような歌声が復活するように、

喉が治ってくれることを願うばかりです。

 
追記(2011.9.26)
最近、テレビに出演中の持田香織さんが、話の中で、
「当時、(この当時は喉を壊す直前の頃の事だと思われる)
事務所の中で、新しい曲が出る度に、キーが、どんどん上がって行き、
一体どのアーティストが一番高いキーで歌えるのか! みたいな、
競争のようになった感じがありましたねぇ。」
などと、
言っているのを聞きました。やはり本当に、そういう事だったんですね。

テーマ: 女性アーティスト -  ジャンル: 音楽
by kunisan  at 15:55 |  J-pop・K-pop |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

kunisan

個人旅行が好きな
kunisanのページへ
ようこそ!

旅行の記録を
自分用に残しているHPです
なので
普通のブログのように
最新の書込み順には
表示しません

旅先で知り得た情報は
なるべく載せますので
お役に立てれば幸いです

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: