HOME  | 続きを読む »

【 結局、太陽光発電システム導入 終わり 】

やって来た営業マンは、感じの良い普通のおじさんタイプ。

口が達者で一方的に話し倒すような、おばちゃん営業マンとは違い、

普通の話し方をする人で、とても実直そうに感じる。


以前の経緯を、父親が電話でどこまで話したのか分らないが、

とりあえず、こちらの情報は一切出さずに、

営業マンが持ってきたという提案を、黙って聞く事にした。


話のポイントとしては二つあった。

1.新しく陸屋根専用の設置台が出来ているのでそれを使う。
2.長州産業のパネルを使う。


ひとつ目は、今まで一番のネックとなっていた部分なので、

最も重要な点で、今回導入を決断するポイントとなる。

ふたつ目のメーカーについては、

初めて聞く名前だったが、最近の自動車、家電、パソコンなどを見る限り、

今やメーカー間の品質の差というものは、ほとんど無いと

思っているので、さほど重要ではない。


ほかに、普通の人なら最も関心のある、

いったい何年で元が取れるか?という計算の元となる、

導入した後の、電気代と売電の差額予想。といった説明もあるが、

これだけは、導入しないと、本当の事は分からないし、

出してきた数字に対して、保証しろ!とも言えないので、

営業マンの云う事を信じるしかなく、顧客側にとっては最も弱い点である。

また、

営業における、協力な武器のひとつの期限の問題。

迷っている顧客に対して「すぐに決めないと間に合いません。条件がもっと悪くなります」

というもの。

時(とき)は、まさに2月半ば、年度末という大きな期限が、直前に迫っていた。


期限内の3月31日までに稼働スタートできれば、

国の補助金・都の補助金(市の補助金はすでに終了)が確実に受けられ、

今後10年間の売電単価も42円で保証される。

というもの。

4月1日以降になってしまうと、売電が34円になるかもしれない。そして、

その後も毎年下がり続けるので、導入するなら、今しかない。という話。



全ての説明を受け終わった頃には、例のごとく、父親は、すっかりとその気になっている。

すぐに契約しましょう。と言い出しかねない状況に、

話は良く分りました。こちらでいくつか確認したい点があるので、お返事、

3日ほど待っていただく事できますか? と聞いてみる。

続きを読む »

テーマ: 太陽光発電のある暮らし -  ジャンル: ライフ
by kunisan  at 15:20 |  太陽光発電 |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

kunisan

個人旅行が好きな
kunisanのページへ
ようこそ!

旅行の記録を
自分用に残しているHPです
なので
普通のブログのように
最新の書込み順には
表示しません

旅先で知り得た情報は
なるべく載せますので
お役に立てれば幸いです

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: