HOME

【 K-pop THE SEEYA チョ・ヨンス作曲の新曲「tell me」を発表 】

本日2014年1月21日に

THE SEEYA(ザシーヤ) の新曲「tell me」が発表されました。


先日、応答せよ1994というドラマに出演した俳優のソン・ホジュンと一緒に歌った

「すればするほど」を発表したばかりですが、どちらも

デジタルシングルという音源配信のみのリリースとなりCDの販売はありません。


コアコンテンツメディア社では、ここ一年半ほどの間、T-ARA をはじめとして

所属歌手の曲作りに、「二段横蹴り」という作曲家を多用していますが、

「tell me」は過去に、コアコンテンツ社の歌手に多くのヒット曲を提供してきた作曲家

チョ・ヨンス氏によるものです。


THE SEEYA の曲をチョ・ヨンスが作ると聞いて、

過去のようなミディアムテンポのバラードを期待していましたが、

最近チョ・ヨンス氏自身がプロデュースしている男性デュオの2bic(トゥービック)の曲調と、

彼がT-ARAに提供した「Cry Cry」などの曲調を、足して二で割ったような

雰囲気の曲に仕上がっています。 作詞はお馴染みアン・ヨンミン氏でしたね。

それほどヒットする曲ではないと思われますが、いくつかの音源サイトでは

公開直後に、すぐに1位を獲得するなど、注目度はそこそこあるようです。


ミュージックビデオでは、内容や曲よりも、

メインボーカルのソン・ユジンの顔つきが変わったように見えたので、

そこが一番気になりました。 (^_^;)

昨年、T-ARAのソヨンが3人組みユニットとして、活動するために来日した際、

明らかに鼻をつまんだ感があって、顔つきがすっかりと変わってしまっていた事がありましたが、

今回のミュージックビデオに写っているユジンの顔をみると・・・

やはり、つまんじゃってる?ように感じます。 (^_^;)


ライブの映像などで、ちゃんと正面から見てみないとハッキリしませんが、

日本人の自分にとっては、いくら美人に変わろうとも、やはり整形した感が過ぎると、

顔つきが不自然になりますので、ほどほどにして欲しいと思います。 (^_^;)

独特な高音を武器に歌がとても上手な歌手。という事でソン・ユジンに注目してるわけで、

外観については、これまでの姿で、十分に魅力的だと思っていました。

本当に鼻をつまんじゃってたらちょっと残念な気もちになりますね。

まあ、

以前、韓国歌手の誰かが、「二重にしたり、鼻をつまむぐらいは、整形の内にはいらない」

という発言をしていた覚えがありますので、韓国ではごく一般的な事なのかもしれません。


ミュージックビデオを見てもう一つ感じたのは、

F-VE DOLLS(ファイブドールズ)に出稼ぎに出されていた?末っ子のオ・ヨンギョンの

歌う機会が、少し増えたように感じた事でしょうか。

デビュー当時 グループの末っ子にもかかわらず、

一番地味で目立たない存在でした。 そして4人の中では唯一、

もう少しダイエットした方がいいんじゃないかな?と思って見ていたメンバーです。

なによりデビュー当時のステージでは、ソロパートが少なすぎて、

本人の歌唱力が確認できないままでした。


そんな彼女が、去年の夏、突然ファイブドールズのメンバーも兼ねると発表されましたので、

ちょっと嫌な感じも受けていました。 (キム・グァンス代表のやる事ですから・・・)

オ・ヨンギョンを入れる理由、まったく解らないまま、

メンバーに組み込まれてすぐ、グループは、2年ぶりのカムバックを果たしました。


カムバック曲の「パートナー1号」そして、続けて活動した「愛する?愛さない!

ソロパートがそれほど多くはありませんので良くわかりませんでしたが、

よく見ると、重要なパートをオ・ヨンギョンが任されているように思いました。

そして、ラジオ番組に出演した際の映像に、ようやくヨンギョンの歌唱力を、

確認できるライブ映像を見つけました。

MaMa Do &近づいて来て」と「Because of you &涙も惜しくて

ここで歌っているメンバーがファイブドールズのボーカル担当だと思うのですが、

ヨンギョンのボーカルが一番安定していますね

高音の伸びはウンギョの方が優れていますが、彼女は安定感が無く、ふらつく個所が多いです。


ファイブドールズは、過去に歌唱力のあるスミとチャンミが相次いで抜けました。

歌えるスンヒの加入はありましたが、この映像を見て、

ボーカル補強のためイレギュラーなかたちではあるけれど、

彼女がファイブドールズに呼ばれた。という事で理解したいと思います。


前回の THE SEEYA の活動中には、オ・ヨンギョンの見せ場があまりありませんでしたが、

このラジオ番組のライブ映像から、安定した歌唱力をもっている事が分りました。

ファイブドールズ加入にあたっては、ダイエットもしたようで、

スタイルも スッキリとなり、ダンスの切れも良く、

顔つきも明るく可愛らしくなって、魅力的な女の子になったと思います。

ヨンジュに負けず劣らず、オールラウンドに歌えて、ラップもいける末っ子、

オ・ヨンギョンの今後の活躍が楽しみです。

おまけとして、ヨンギョンが

他社のオーディションを受けた時の映像がありましたので載せておきます。

デビュー前と思われる映像を載せておきます。

ところで、

新曲「tell me」は、わたしが一番気に入っている作曲家チョ・ヨンス氏によるものですが、

曲としては1月3日にリリースされた、

シークレットガーデンのOST「その女」やDavichi の「手紙」を作曲したチョン・ヘソン氏の曲

すればするほど」の方が好きですね。

ソン・ユジンの躍動感あふれる高音パートが印象的に耳に残るミディアムテンポの曲です。


一緒に歌ったソン・ホジュンは、俳優として出演した「応答せよ1994」というドラマが

ヒットしたことにより、話題集めとして呼ばれただけの事。という風に思うのですが、

彼は、

2007年に3人組の男性グループ「タキオン」で、歌手デビューを果たしています。

デビュー曲「Feel Your Breeze」の映像を見ると、

とても爽やかな印象を受けるグループなのですが、

最初に、なんだかジャニーズみたいだなあ。と感じました。

曲紹介のテロップをよく見てみると、なんと、V6が歌った「ごくせん」のOST曲をリメイクした。

と書いてあるではないですか・・・ どうりで似てると感じた訳です。



THE SEEYA は、せっかく歌唱力のあるグループなのに、デビュー曲以来どうして、こう

次から次へと、いろいろな人を外から連れてきて参加させるんでしょうね?


キム・グァンス代表が、SGワナビーやSeeYaよりも実力がある。と鳴り物入りで

デビューをさせましたが、セカンドアルバムは一体いつ、出るんでしょうね?


追記
ソン・ホジュンが過去に
こんなミュージックビデオにも出演していた事が分りました。
いわゆる悪役で、最後SeeYaのナムギュリに刺されちゃってますけど、 ^_^;
彼もコア社の所属タレントだったんですね。
他にもコア社制作の映画やMVに出演しています。

THE SEEYA 音楽番組へ出演が発表されました。実に1年以上ぶりです。
とりあえず1/24ミュージックバンクから日曜日の人気歌謡まで出演するそうです。

ミュージックコアの映像です。


tell me の曲紹介と歌詞は続きで(ハングル原文ですが)

続きを読む »

テーマ: K-POP -  ジャンル: 音楽
by kunisan  at 16:35 |  J-pop・K-pop |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

kunisan

個人旅行が好きな
kunisanのページへ
ようこそ!

旅行の記録を
自分用に残しているHPです
なので
普通のブログのように
最新の書込み順には
表示しません

旅先で知り得た情報は
なるべく載せますので
お役に立てれば幸いです

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: