HOME

【 K-pop ナム・ギュリ「元SeeYa(シーヤ)」突然の新曲「その男」発表 】

先週、ナム・ギュリの所属事務所から

新曲を準備しているとの情報が発表され、

昨日、5月15日に、女性作曲家MIHOによる新曲「その男」が発表されました。



歌手出身のナムギュリは、現在、女優として活動していますが、

もともと SeeYa 活動期間中から、SGワナビーや自らの曲のミュージックビデオに出演、

「コ死」というホラー映画では、主演を務めるなど演技者としての才能も見せていました。



2009年の春にSeeYa(シーヤ)を脱退したのち、

2010年から本格的に演技活動をスタートしますが、

その年、ドラマ「人生は美しい」での女子大生の演技が、好評を得て、注目を集めます。

2011年には、人気の高かったドラマ「49日」に出演したことで、

韓国で女優として認められるようになり、さらには、日本でも、その名を知られるようになりました。

翌2012年には

中国ドラマ「私の記憶喪失の彼女」で主役を務め、

中国でも高い人気を得るなど順調に、女優としての道を歩んでいます。




歌手活動では、

女優業と並行して、ゲームの主題歌、

作曲家のプロジェクトアルバムへのボーカル参加、

映画のOST参加、

所属事務所の俳優たちによるチャリティーソングへの参加など、

メインではありませんが、続けて来ました。

決して声がきれいな方ではありませんが、

どんなジャンルの曲でも、上手に歌いこなします。



今回のシングル曲は、

ナム・ギュリ本人のアルバムとして発表された一曲ですので、

正式に、歌手活動を再開したと言って良いと思います。


これが、

女優ナム・ギュリの地位を、高めるための道具として、使われるだけなのか?

本気で女優と歌手の二本立てで行こうとしているのか?

今後の動きが、注目されるところです。




個人的には、唯一の汚点だった、

SeeYa の脱退騒動で、アンチに回ったSeeYaファンの持つ悪いイメージが、

去年 SeeYa 解散ステージに参加した事で、だいぶ和らいだと思われる事から、

そろそろ本格的に、歌手活動を再開しても、差し支えが無いのでは? 

という判断も、関係しているように思います。

もともと、

SeeYa = ナムギュリ と言われるほど、突出した人気を誇るタレントですので、

どんな活動をしても、そこそこの人気は得られるハズなので、

事務所としては、

ナム・ギュリに歌手活動をさせないのはもったいない。 そして、ナム・ギュリの音楽活動をきっかけに、

弱かった音楽部門の強化も図りたい。。。 そんな意図もあるように感じます。



他のSeeYa 関連のページはこちらから>>



関連記事
テーマ: K-POP -  ジャンル: 音楽
by kunisan  at 16:26 |  J-pop・K-pop |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kunisan

個人旅行が好きな
kunisanのページへ
ようこそ!

旅行の記録を
自分用に残しているHPです
なので
普通のブログのように
最新の書込み順には
表示しません

旅先で知り得た情報は
なるべく載せますので
お役に立てれば幸いです

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: