HOME

【 K-pop キム・ヨンジ ボーカルトレーナとして招聘、この夏カナダに渡る 】

元 SeeYa のメインボーカリスト、キム・ヨンジが

この夏、「カナダで行われるK-popトレーニングプログラムに講師として招かれた。」

と、ひと月ほど前の5月30日、ネット上のニュースで発表があった。

記事は imaruさんのブログ に載っている。

(ニュースより前に、

既にアップされていた
本人のインタビュー映像もみつけましたのでご紹介します。)




キムヨンジは SeeYa 解散後すぐに、休学中だった大学の音楽科に復学。

大学の定期公演で歌う様子などが、ほんの僅かに伝え聞こえていたのだが、

SeeYa 解散から、一年が経とうとしていた、今年はじめ、

「愛」をテーマにしたオムニバスアルバムの一曲にボーカル参加、

さらに、ドラマのOSTに参加するなど、ソロ活動を開始していた。


ただ、表立った活動はもう少し準備をしてから。 という発表があったので、

いつ出て来るかと、注目していたのだが、

この夏、7月下旬から約1ヵ月間、カナダのバンクーバーに渡り、

外国人相手に、短期のk-popトレーナーとして活動する。という事から、

本格的な歌手活動は、秋以降まで、ずれ込む事になりそう。



SeeYa の映像をいろいろ見て来て、ずっと感じていたのだが、

キム・ヨンジは他の2人と違って、ただ黙々と仕事をこなす、職人のような感じがあった。

他人の目や、人気の度合いを気にするよりも、

与えられた場所で、ただひたすらベストを尽くして歌を歌うだけ。

それがキム・ヨンジだ。という印象が強かった。



大学で音楽科を専攻するキムヨンジは、

過去に

モダンミュージックアカデミーの特別講師として呼ばれ、

学生を相手に講義をする映像や、
 
パワーボーカルというトレーニングプログラムの

チャリティー公演に出演する映像が残っていたり、

最近では、

パワーボーカルテクニックの、無料トレーニングイベントの映像

というものもあり、様々な音楽活動に、積極的な姿勢を見せている。


学生やカメラに向かって、普通に話をしているように見えるが、

もともとインタビューや、ステージ上での挨拶など、人前で話すのは苦手だったはずで、

SeeYa 活動期間中、メンバーの中で、もっとも口数が少なかった彼女。

タレントというよりも、実力派のアーティスト。といった感が強かったので、

単にアルバムを売る事が目的のプロの歌手。ではなく、

これらの活動を通して、「専門的な音楽家」、「アカデミックなボーカルトレーナー」といった

イメージを持つボーカリストとして、今後歩んでいって欲しいと思う。




過去の記事を読むと、彼女の歌は、よく「爆発的な歌唱力」という表現がなされている。

いま韓国で、「パワフルな女性ボーカリストは?」と若い人に問えば、

Sistar(シスター)のヒョリンや、Ailee(エイリ)、さらには、

BEGのジェア、元GavyNJのヒヨンといった返答が多く返ってくると思われるが、

いまだにキム・ヨンジの名前をあげる人も少なくはない。



個人撮影の動画だが、ライブ会場だからこそ、その実力がハッキリと現れ、

彼女のパワーボーカルぶりが良くわかる映像がある。

ナムギュリ脱退直後のステージと思われるが、イ・ボラムとキム・ヨンジ2人だけの「Crazy Woman」。

この映像を見る限り、歌のクオリティーに関してだけ見れば、

ナム・ギュリが居なくても、まったく問題の無い事が、良く分かると思う。



他のSeeYa 関連のページはこちらから>>



関連記事
テーマ: 韓国人歌手・ミュージシャン -  ジャンル: 音楽
by kunisan  at 18:25 |  J-pop・K-pop |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kunisan

個人旅行が好きな
kunisanのページへ
ようこそ!

旅行の記録を
自分用に残しているHPです
なので
普通のブログのように
最新の書込み順には
表示しません

旅先で知り得た情報は
なるべく載せますので
お役に立てれば幸いです

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: