HOME

【 コッツウォルズ地方 スノースヒルからボートン・オン・ザ・ウォーター 】

■■ イギリス 6日目 (3/4) ■■


2006年8月12日(土)  13:30

グロスターからボートンオンザウォーターまでの地図  地図:ミシュランロードマップ

グロスターを出て、スノースヒル経由で、ボートン・オン・ザ・ウォーターへと移動

トラック
 農業地帯の中を、爽快なドライブ


スノーヒル  コッツウォルズ スノースヒル
ブロードウェイの南側、ゆるやかな丘の斜面に位置する小さな小さな村。スノウスヒル。
昨日行ったブロードウェイタワーのすぐ近くにあり、
村の中にあるマナーハウス(貴族や地主の邸宅)とその庭が一般に公開されている。


コッツウォルド地方スノースヒルマナーガーデン  コッツウォルズ スノースヒル
駐車場から邸宅まで、眺めのいい丘の中腹を、羊たちを横目に見ながら歩く。
緑色に覆われた美しい景色を見ながらの、気持ちの良い散歩道。

コッツウォルズ スノースヒル  コッツウォルズ スノースヒル
放牧地を囲む石塀は、イギリスの田舎ではよく見かける。 
羊の顔を正面からよぉ~く見ると、結構人相悪いかも。 ^^


コッツウォルズ スノースヒルの白猫  コッツウォルド地方スノースヒルマナーガーデン
途中、マナーハウスで、よく見られる猫のパトロール姿。。。 何か探しているのかな?


コッツウォルド地方スノースヒルマナーガーデン  邸宅の入り口


コッツウォルド地方スノースヒルマナーガーデン  コッツウォルド地方スノースヒルマナーガーデン 
建物に近付くと、外壁や屋根の様子から長い歴史を感じる事ができる。


コッツウォルド地方スノースヒルマナーガーデン  コッツウォルド地方スノースヒルマナーガーデン  
なぜか?すぐ脇の芝生の上では、日本の古武道?が行われていた。


コッツウォルド地方スノースヒルマナーガーデン  コッツウォルド地方スノースヒルマナーハウス
壁や建物の石の色と、草木の緑色だけの世界。
日本では、なかなか見る事ができない、美しい風景。

コッツウォルド地方スノースヒルマナーガーデン  コッツウォルド地方スノースヒルマナーガーデン
日本人の自分から見ると、草や木が、自然に自生したような、
ほったらし感、ナチュラル感、そんな印象を受ける庭が、イングリッシュガーデンの特長だと思う。

スノースヒル マナーハウス  スノースヒル マナーハウス


コッツウォルド地方スノースヒルマナーガーデン  コッツウォルド地方スノースヒルマナーガーデン
古びたドアや窓ひとつ取っても、色あせた蜂蜜色のハニーストーンと良く馴染んでいる。


コッツウォルド地方スノースヒルマナーガーデン  コッツウォルド地方スノースヒルマナーガーデン
近くに寄って、一つ一つの草木や、花の鮮やかさを見るのではなく、
離れたところから全体を見れば、印象派の絵画のような、絵になる場面がたくさんある。


コッツウォルド地方スノースヒルマナーガーデン  コッツウォルド地方スノースヒルマナーガーデン


コッツウォルド地方スノースヒルマナーガーデン  スノウスヒル マナーガーデン 


スノウスヒル マナーガーデン  スノウスヒル マナーガーデン 


スノウスヒル マナーガーデン  コッツウォルド地方スノースヒルマナーガーデン 

建物も庭も、こじんまりとしていて、花も少なめ、ここスノウスヒルのマナーハウスは、
決して、見どころが多い訳ではないと思うが、
静かな隠れ家的な感じがして、とても素敵な場所。

私は好きです。


関連記事
テーマ: 海外旅行記 -  ジャンル: 旅行
by kunisan  at 19:03 |  イギリス編 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kunisan

個人旅行が好きな
kunisanのページへ
ようこそ!

旅行の記録を
自分用に残しているHPです
なので
普通のブログのように
最新の書込み順には
表示しません

旅先で知り得た情報は
なるべく載せますので
お役に立てれば幸いです

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: