HOME

【 K-pop THE SEEYA ファーストミニアルバム「LOVE U」を発表 】

実力派として先月デビューしたばかりの

韓国の4人組女性ボーカルグループ「THE SEEYA」が、

本日2012年12月6日、ファーストミニアルバム「LOVE U」を発表しました。


アルバムは、

先月発表したばかりのデビューシングル「私の心は死んで行きます」を含めた5曲に、

フィーチャリングを変えたバージョン2曲を加えた、全7曲の構成となっています。


タイトル曲の「毒薬」には、

同事務所の先輩 DAVICHI のイ・ヘリがフィーチャリングで参加しました。

曲のプロデュースは、デビュー曲と同じ、2段サイドキック。

彼らは、2012年度に最も活躍した作曲家のひとりとして誰もが認める存在になっており、

それらの情報を、事前に発表することで、話題集めを図っていました。

曲調も、私の好きなミディアムテンポのバラードである。という事でしたので

かなり期待して、この日を待っていました。



ところが、いざ、聴いてみると、

事前の発表に反して、正直、期待外れ。。。。。でした。 (T_T)/~~~

ハッキリ言って平凡なアルバムになってしまっていました。



これまでも、

コアコンテンツメディア社の、先輩・後輩グループによるコラボレーションは、

この会社ならではの特長とも言えるほど、たくさんありましたが、

SeeYa のキム・ヨンジ、タビチのイ・ヘリ、T-araのソヨンに代表される、

各チームのメインボーカリスト同士の「掛け合い」が聴きどころの一つとなっていました。


中でも、「Crazy Woman」 「Blue Moon」 「女性時代」 「Wonder Woman」といった、

SeeYa キム・ヨンジのパワーボーカルと、タビチ イ・ヘリの正確無比な音感張りのある高音との

掛け合いは、業界トップレベルの歌唱力を持つ二人ならではのコラボレーションとして、

実に聴き応えのある、素晴らしいものだったと思います。



THE SEEYA のメインボーカリスト ソン・ユジンの声は、やや線が細いので、

イ・ヘリとは、どのような掛け合いになるのか予想がつかず、

楽しみにしていたのと同時に、不安も感じておりました。

おそらく、お互い、高音の出し合いのようになるのでは。と思っていましたが、

この曲を聞く限りでは、

イ・ヘリの張りのある歌声を封印してしまっているので、

ただ単に、イ・ヘリに負けないぐらい、ソン・ユジンは、高い音域が歌える

という事をアピールしているだけのようにしか聴こえませんでした。


歌唱力のある歌手同士が歌えば、1+1=3にも4にもなるものですが、、

1+1=1になってしまった感じがします。 つまりイ・ヘリは必要なかった。

イ・ヘリの聴かせどころ、歌唱力といった部分が少ないだけでなく、歌唱力のある、

 THE SEEYA のほかの3人のメンバーのパートも、ほとんど無くしてしまった事で、

曲の魅力がさらに低下しています。


デビュー曲が発表された時に、オンラインチャートの1位が取れたソリバダという

音源サイトを見ても、ランキングが40位程度に留まっており、

韓国の人たちも、私と同じような意見をもっている事が分ります。

その後、じわじわと順位を上げて、他の配信サイトも含めて、およそ3位ぐらいまで上げてきました。

これは、イ・ヘリ効果なのか、自分の見方が人と違うのか、コアコンテンツの仕業なのか、

いまひとつ、この曲に、これほどの支持が集まる理由が分りません。


韓国では、いい加減ダンスグループは、もう見飽きた。という背景があることは確かだと思うのですが、

毒薬という曲、タイトル曲としては、弱い気がしています。。。


本来なら、タイトル曲は、デビュー曲の「私の心は死んで行く」であったのだけれど、

単に話題集めのために、イ・ヘリを投入した「毒薬」をタイトル曲としたならば、まだしも、

もしそうでなければ、

私の愛するキム・グァンス代表の音楽性が、自分の感性と違ってきてしまったようです。



基本的には、THE SEEYA を応援していますし、良い曲を出してもらいたいと願っているので、

合格点だと思えたデビュー曲と同等、もしくは、それ以上の曲を期待してしまっていたので、

どうしても評価は厳しくなります。(元SeeYaのファンとしての目でも見ていますし)

2段サイドキックの次の曲、もしくは、別のプロデューサーによる曲に、期待したいと思います。


追記
アルバムに収録されている
2段サイドキックがプロデュースした2曲以外の3曲については、
「新人プロデューサー79」が作詞作曲を手掛けた。
ということですが、この新人プロデューサー79の正体は、
どうやら作詞家アン・ヨンミン氏のようです。
アン・ヨンミン氏といえば、
SGワナビー、SeeYaといったグループに多くの曲を提供し、さらには、
2006年から5年連続で、韓国での著作料収入ナンバーワンに輝いたヒットメーカー
チョ・ヨンス
作曲家の右腕のような存在で、チョ・ヨンス氏のヒット曲の多くは、
アンヨンミン氏が作詞したものです。
以前、コアコンテンツメディアの歌手たちとは、
兄妹、姉妹のような関係とも言われるほど親密な関係がある。というコメントも
出ている程、親密な関係がある作詞家です。
彼は、作詞のみならず、作曲や歌手活動も手がけるマルチなタレントぶりも発揮しており、
2010年には、2人体制になったSeeYaに曲を提供したり、
2011年には、T-araのソヨンとデュエット曲を発表したりと、幅広い活動をしています。
単に作詞家に留まらず、作曲も含めた総合プロデュースを行う時に使う名前が、どうやら、
プロデューサー79のようです。
収録曲の中の「その冬」という曲などは、
チョ・ヨンス氏の影響をうけた事が感じられるような、
哀愁漂う美しいメロディーラインの曲に仕上がっていて、悪くないと思います。



以下に、アルバムの紹介文と
タイトル曲の歌詞を、ハングルのままですが載せておきます。
アルバムの紹介文

1st single ‘내 맘은 죽어가요’ 로 뛰어난 감성과 실력을 겸비한
실력파 신인으로 주목 받은 THE SEE YA

첫 번째 미니앨범 ‘LOVE U’ 발매

2012년 최고의 프로듀싱팀 이단옆차기와의 콜라보레이션으로 주목 받은 더 씨야가 다시 한번 첫 번째 미니앨범’LOVE U’로 야심 차게 도전장을 내민다.

타이틀곡 ‘독약’[작사 : 이단옆차기 작곡:이단옆차기,김건우 편곡 : 송기홍 ]은 선 굵은 피아노라인과 이를 감싸는 듯한 따듯한 현 편곡의 조화가 아름다운 미디움 템포 발라드이며 국내최고 보컬 듀오로 인정받고 있는 ‘다비치 이해리’의 지원사격으로 화제가 된 곡이다.

이별의 처절한 아픔을 독약에 비유하며 여자가 표현하기엔 조금은 거칠 수 있는 ‘비만에 걸린 내 사랑’ ‘이별이란 더럽게 아프니까’ 등의 표현을 사용하면서 자칫 뻔할 수 있는 이별노래를 색다른 관점으로 표현하였다.

덤덤하게 던지듯 시작되는 도입부와는 달리 곡이 진행될수록 풍성해지는 감정의 크레센도를 느낄 수 있는데 절제 된 듯 하면서 쏟아내는 랩핑이 더해져 곡의 슬픔은 극대화된다.

아티스트의 컨셉과 음악적 색깔에 맞추어 최고의 조합을 만들어 내는 이단옆차기의 감각이 빛을 발하는 곡으로 아픈 사랑의 상처를 가지고 있는 모든 사람들에게 최고의 힐링이 되어줄 것이다.

‘독약’은 다비치 이해리의 피처링이 돋보이는 Original ver.과 씨야 멤버들만으로 구성된 only the seeya ver.이렇게 두 가지 버전으로 공개되는데 서로 다른 메인싸비의 변주로 인해 같은 곡 이지만 색다른 느낌을 느끼게 한다.

‘독약’의 1막이 끝나면 2막의 새로운 이별이야기가 펼쳐진다. ‘이별만찬’ ‘너의 결혼식’ ‘그 겨울’은 윤하의 ‘눈물이 한방울’ 은하수의 ‘애태우다’ 숙희의 ‘baby I Love’를 통해 이미 최고의 작사/작곡가로 인정받고 있는 신예프로듀서’79’가 더 씨야를 위해 선물한 곡이다.

3곡 모두 요즘 흔하게 들리는 팝발라드와는 성격을 달리하는 곡인데 전형적인 한국적 감성을 포함하고 있고 또래의 가수들이 표현할 수 없는 성숙한 더 씨야 만의 감성을 확인 할 수 있다.

‘79’특유의 시적인 가사도 곡의 애절함을 배가시켜주는 요소로 작용하는데 쓸쓸한 겨울 가슴에 잠들어있던 사랑과 이별의 추억을 자극하기에 충분하고 어느덧 두 눈가에 맺히는 눈물을 발견한다면 당신은 이미 더 씨야의 곡에 매료된 것임에 분명하다.

2012년 최고의 실력파 신인이라는 수식어가 과하지 않은 신인답지 않은 신인 더 씨야..!
첫 번째 미니앨범의 음악적 완성도 만으로도 앞으로 그녀들이 선보일 음악적 역량이 어디까지인지 기대하기에 충분하다.

1st 싱글 ‘내 맘은 죽어가요’를 포함한 7곡이 수록된 미니앨범’LOVE U’는 6일 공개된다.



タイトル曲 毒薬 歌詞

두두두두두
어찌보면 너무 당연해
내 가슴이 이렇게 아픈게
비만에 걸린 내 사랑은
늘 받기만을 원했던
미안해 미안해 미안해요
정말로 그댈 사랑하는 것은 안되요


서로의 엇갈린 말들만 오고가
양보란건 없어 쉽게 쉽게 쉽게 넘어갈
문제를 쌓아놓고 싸우다 서로가
지친다 다친다
그리고 닫는다 맘을 닫는다
그런 너에게 일찍 가지못했던 나도
기다림없이 그냥 가버린 너도
쿨하게 헤어진다는 생각은 마
이별이란건 더럽게 아프니깐

아프니까 자꾸 더 생각나니까
죽을만큼 아파도 사랑하니까
독약처럼 점점 모든걸 빼앗아가는
죽어가는 내 맘을 알까요
어떡해야 어떡해야
어떡해 나 더이상 못살 것같아
바람처럼 잠시 왔다가 또 다시가는
사라져가는 나의 사랑아 내 사랑아


어찌보면 너무 당연해
내 가슴이 이렇게 아픈게
마법에 걸린 우린 독약을
너무많이 마셨잖아
어떡해 어떡해 어떡해야
그대는 아파하는 내맘을 또 알까요



아프니까 자꾸 더 생각나니까
죽을만큼 아파도 사랑하니까
독약처럼 점점 모든걸 빼앗아가는
죽어가는 내 맘을 알까요
어떡해야 어떡해야
어떡해 나 더이상 못살 것같아
바람처럼 잠시 왔다가 또 다시가는
사라져가는 나의 사랑아 내 사랑아


넌 마치 끝없는 깊은 물속같애
그런 너에게 빠져 난 이미 죽은 것 같애
쓰나미처럼 앗아가 휩쓸고 가
우리가 남긴 발자국마다 파도가 지웠나?
오직 그대하나만을 내 심장에 기록
너와 이별은 난망한다는 절대 이론
쿨하게 헤어진다는 생각은 마
이별이란건 더럽게 아프니깐


어떡해야 어떡해야
어떡해 난 더 이상 못살 것 같아
바람처럼 잠시 왔다가 또 다시 가는
사라져가는 나의 사랑아

두두두 두두두 두두두 두두두 두두두...

関連記事
テーマ: K-POP -  ジャンル: 音楽
by kunisan  at 17:35 |  J-pop・K-pop |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kunisan

個人旅行が好きな
kunisanのページへ
ようこそ!

旅行の記録を
自分用に残しているHPです
なので
普通のブログのように
最新の書込み順には
表示しません

旅先で知り得た情報は
なるべく載せますので
お役に立てれば幸いです

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: