HOME

【 K-pop 元SeeYa キム・ヨンジ 新曲「おんな年齢30の頃」 】

2013年12月20日

元SeeYaの歌手 キム・ヨンジが新曲を発表しました。


和訳に悩むタイトル「おんな年齢30の頃」(と訳しておきます)は、

レインボーブリッジエージェンシーという企画会社の

The Artist Diary Project というシリーズの第5弾となるアルバムで、

キムヨンジは、そのプロジェクトアルバムの新曲にボーカリストとして参加したかたちになります。

30歳ぐらいの女性の心情を、坦々と歌い上げたバラード曲で

キムヨンジの歌声にピッタリのしっとりとした曲に仕上がっていると思います。




レインボーブリッジエージェンシーには、

キム・ドフンとい超有名プロデューサーが居ますが、

彼は、SeeYaの代表曲のひとつ「愛の挨拶」や、

解散時に発表した最後の曲「私にはとても素敵な君」を作曲するなど、

SeeYa との関わりが深く、「行くの」という曲では、

今回の新曲「おんな年齢30の頃」をプロデュースしたマリオを、

ラッパーとしてフィーチャリング参加させています。

マリオは2008年に、SeeYaとDavichiとBlack Pearlのコラボ曲のステージに

ラッパーとして登場した事がありました。

その時の映像、ブルームーン(Blue Moon)のステージが残っていますが、

見事なトチリをやらかしており、それを勢いでごまかす様子が見られます。 (^_^;)


おんな年齢30の頃、作曲したのは、作詞作曲はドゥンプルンという名前の作曲家ですが、

どうやら去年までは、ソン・ヨンホという名前を使っていた作曲家のようです。



ところで今回のアルバム、

The Artist Diary Project というシリーズですが、

6月に発表されていた第一弾の曲には、ナム・ギュリがボーカル参加しています。

初めて見た男、そして女

この曲は、ナム・ギュリのボーカルトレーナーであり自身もシンガーソングライターのイギョルの、

作詞作曲、そしてシンガーとしても参加しているデュエット曲です。

曲のプロデュースには、前記のキム・ドフン、そしてマリオも参加しているようです。



さらに、

久々にブラックパール(Black Pearl)の名前が出たところで。。。


コアコンテンツメディア社所属の4人組の女性ボーカルグループ

ブラックパールは、2007年のデビュー。 SeeYaに負けない歌唱力を誇る

ガールズグループで、大好きだったのですが、同じ年にデビューした、

少女時代、ワンダーガールズといった強力なアイドルたちの陰に隠れ、

2011年に自然消滅的に解散してしまいました。

先日、ペク・ジヨンの声真似を競い合う、バラエティーの歌番組に、

リードボーカルを務めていたヨンジュが出演していた動画を見つけましたので、ご紹介しておきます。

関連記事
テーマ: K-POP -  ジャンル: 音楽
by kunisan  at 22:40 |  J-pop・K-pop |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kunisan

個人旅行が好きな
kunisanのページへ
ようこそ!

旅行の記録を
自分用に残しているHPです
なので
普通のブログのように
最新の書込み順には
表示しません

旅先で知り得た情報は
なるべく載せますので
お役に立てれば幸いです

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: