HOME

【 K-pop THE SEEYA 一年ぶりに新曲 愛の歌(Crazy Love)を発表 】

韓国の4人組女性グループ「THE SEEYA」が、

2014年12月29日 およそ一年ぶりとなる新曲「愛の歌」を、

ようやく・・・発表しました。



「コアコンテンツメディア」改め、「MBKエンターテインメント」の

キム・グァンス理事が、2012年11月 当時、

SGワナビー と SeeYa の良いところだけを取った超実力派グループ。と、

声高らかに鳴り物入りでデビューさせたものの、

その後の2年間の活動を見る限りは、往年のブラックパール
(やはりキムグァンスがデビューさせた4人組の実力派女性グループ)

を彷彿させるような放置っぷりを見せていました。



メインボーカル ソン・ユジンは、他の歌手が発表するアルバムへのフィーチャリング参加

リーダー ソン・ミンギョンと、ビジュアル担当のホ・ヨンジュは、ドラマ出演

末っ子 オ・ヨンギョンに至っては、他グループ(ファイブドールズ)へのメンバー貸し

といった個人活動の方が、グループ活動よりも目立った2年だったように思います。 (^^;)


しかも、超実力派グループ?の割には、

デビュー曲を含め、多くの曲に、ほかのグループのメンバーを

フィーチャリング参加させられています。 (話題集めとしか・・・)

今回の新曲も、

ラップ担当のホ・ヨンジュが居るにも関わらず、「愛の歌 With LE of EXID」と、

またまた、他グループ(しかも他社)メンバーのラップがフィーチャリング参加です。

EXIDは、T-ARAの曲も多く手掛けている超売れっ子作曲家、シンサドンホレンギが

自らプロデュースしている女性グループで、LEは、そのメンバーですね。




ちょうど今、

EXIDは、今年の夏に発表された曲が、3か月以上たってから大ブレイク、

12月に入ってから、年末になった本日30日時点でも、いまだ、

チャート上位に居続けているという異例の話題グループ。

動画サイトに投稿されたファンが撮った映像がキッカケだとか?・・・で、

話題の
映像はコレとの事。 (セクシー過ぎると話題になったらしい)

まあ、

EXIDについては、これまで、いろんな事が起きて来たグループでしたが、

何と言っても韓国を代表するヒットメーカーのシンサドンホレンギが、

直接プロデューサーを務めていることから、

もともとポテンシャルが高かったところに、話題が集まり、

見てみたら、単なる話題性だけでは無かった。という事に

みんなが気付いたんだと思われます。

彼女たちに実力があったからこそのヒットだと思います。


さて、

今回のTHE SEEYAの新曲ですが、

このEXIDの話題性を利用しちゃおうと考えたのが、

お馴染み、売るためなら何でもする商売人キム・グァンスだったのではないでしょうか。

会社から出された、この曲の紹介文には、

往年のSeeYaのヒット曲、狂った愛の歌の継続バージョンだと思えばそうであろう。

とも書かれています。  なにをいまさら・・・(-_-;)


曲を聴く限りは、

EXIDのLEのフィーチャリングも、SeeYaの「狂った愛の歌」の続きだ。という下りも、

まったく必要や関係のない事のように感じます。

歌詞の中に、狂った愛の歌、という言葉を入れてたりもしますけど、

つまりは、

曲の完成度が高くなかったために、何か、プラスアルファをくっつけて

ちょっとでも話題集めをしろ! っとグァンス理事がスタッフに命じた・・・

そんな気がしてなりません。

曲の英語タイトルが何故か「Crazy Love」となっているあたりも、

狂った愛の歌。というタイトルを思わせるようにしてあるようで、

なんともキナ臭いですね。



曲調としては、

前回の曲「Tell me」とデビュー当時の「その冬」という曲を、

足して二で割ったように感じましたが、

一年ぶりの新曲としては、物足りなさを感じます。

この事務所、キム・グァンス理事が何をやらかそうが、

これまで曲だけは抜群に良かったのですが、

最近、T-ARAの曲なども含めて、やや息切れした感があります。


去年あたりから、MBKエンターテインメントでは、

超売れっ子となった二段サイドキックの曲を多用していますが、

そろそろまた、チョ・ヨンス作曲家あたりに、良いバラード曲を書いてもらって、

THE SEEYA に歌わせてもらいたいものです。



ちなみに、

今回の曲の作曲家は、コナンというインディーズ出身の新人のようです。

調べてみると、ロコベリー(Rocoberry) という二人組のグループのメンバーですね。

女性ボーカルのロコを前面に出したグループで、コナンという男性は曲づくりを担当し、

どちらかといえばバックヤード的な存在だそうです。

今年の5月に、良い理由(愉快な訳?)という曲でデビューした。と書かれています。




追記
今回の新曲について、ファンが撮ったライブ映像がアップされましたが、
自己紹介の中で、ホ・ヨンジュがリーダーと紹介されました。
T-ARAと同じように、このグループも会社命令で、
リーダーを持ち回りさせられるようです。 (-_-;)



曲の紹介文と歌詞を以下に載せておきます。

歌詞について、

作詩家の中に、ホ・ヨンジュの名前も併記されていましたが、

フィーチャリング参加の無い4人だけのライブを聞くと、

ラップ部分の歌詞がアルバムの歌詞と若干違っていました。

その違った部分を、ホ・ヨンジュが書いたのでは?と考えられます。
曲の紹介文
‘더 씨야’가 <사랑의 노래>로 돌아왔다.
<미친 사랑의 노래> 후속 버전이라고 생각하면 될 것 같다. 기타와 비트위주의 곡이며 전주에 나오는 휘파람이 인상적이다. 떠나가는 남자를 붙잡으려는 한 여자의 외침을 담고 있으며, 더 씨야 멤버들의 가창력이 돋보인다.
기타리스트 정수완의 기타플레이가 돋보이며, 요즘 제일 핫한 EXID의 LE가 랩으로 합세해 더욱 더 노래를 풍성하게 만들었다.


歌詞
날 떠나가는 사람 널 못 보내는 사람
두 사람 앞에 이별이란 길이 보이네

날 떠나가지 마요 내 곁에 있어줘요
목청껏 외쳐봐도 그대 돌아서네요

말없이 떠나는 너 대체 어딜 어딜 가요
이런 날 두고 대체 어딜 멀리 가요
그자리 그대로 아직도 난 끝 아닌데
냉정한 그대 뒷모습이 잔인해

사랑해서 내 맘이 더 아픈 거지
그러니 뒤를 돌아 서는 너를 잡는 거지
미친 사랑의 노래 부르고 또 불러
이 거리 헤매이며 네 이름을 불러

I love U hoo hoo 사랑의 노래
그대를 향해 불러드리리 밤새
그대여 yoo hoo hoo hoo 이별의 노래
나를 위해 부르지 마오
Eh Eh Eh Eh Eh Eh Eh Eh Eh *2

올해의 첫 눈처럼 빛나는 저 별처럼
그대를 보면 가슴이 참 설레었었지

난 미친 여자처럼 거리를 헤매이네
그대가 있는 곳이라면 그 어디라도

내 기억 속 추억 하는 우리 둘
이제 더는 없어 불안정해진 우리 뿐
뭐가 문제인지 남의 잘못인지
답이 없는 문제들은 날 또 괴롭히지

함께 듣던 그 노래에 발걸음은 stop
초라해진 내 모든 건 비참하게 stock
이 진한 이별에 목청껏 외쳐 본다
돌아 서지마 날 두고 가지마

I love U hoo hoo 사랑의 노래
그대를 향해 불러드리리 밤새
그대여 yoo hoo hoo hoo 이별의 노래
나를 위해 부르지 마오

가슴 아픈 노랠 부르지 마요
그대의 목소리로 제발
Eh Eh Eh Eh Eh Eh Eh Eh Eh *2

미친 여자처럼 거릴 헤매이다
같은 곳에 머물며 너를 기다린다
너 언제까지 버틸까 그리움은 여전해
오늘도 난 불러 이 미친 사랑의 노래
関連記事
テーマ: K-POP -  ジャンル: 音楽
by kunisan  at 19:28 |  J-pop・K-pop |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kunisan

個人旅行が好きな
kunisanのページへ
ようこそ!

旅行の記録を
自分用に残しているHPです
なので
普通のブログのように
最新の書込み順には
表示しません

旅先で知り得た情報は
なるべく載せますので
お役に立てれば幸いです

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: