HOME

【 K-pop イ・ボラム 「酒が思い出される夜」 】

2017年に入ってから、

歌手活動を再開している元 SeeYa のイ・ボラムですが、

7月26日に、今年4曲目となる「술이 생각나는 밤」を発表しました。


日本語に訳せば、

お酒を思い出す夜」とか「お酒が思い出される夜」という意味になりますでしょうか。

愛をなくした女性が、お酒が思い出される夜に、

ひとり、幸せだったあの場所に行き、一杯、また一杯とグラスを空けながら、

昔を懐かしむ悲しいバラード曲です。


SeeYa デビュー当時に、末っ子だったイ・ボラムも、もう30才です。

ハイテンポながらも、少し大人びた雰囲気を持つこの曲を、

バックコーラスも自身で努めながら、自分なりに消化して歌っているようです。


曲作りは、「79」という名前が、作詞・作曲・編曲のすべてに出ています。

以前、2BICの曲で調べた事がありましたが、

この「79」という作曲家は、アン・ヨンミン氏が時々使うペンネームだと思います。


この曲も含めて、

今年に入ってから、ずっとアンヨンミン氏が曲作りに関わってくれています。

今回の歌は、ヒットするような曲ではないと思いますが、

彼は、ドラマの挿入歌などでは、多くのヒット曲を生み出している作曲家です。

何より、

耳に残るような印象的なフレーズを、ひたすらリフレインさせて、

短期間でも、爆発的にヒットすれば良い。といったタイプの曲ではなく、

いつまでもずっと、聞き続けたくなるような、良質な曲づくりをしてくれる作曲家だと思うので、

今後も、イ・ボラムに手を貸し続けてもらえたらいいと、思っています。


以下に、
曲の紹介文と歌詞を載せておきます。
web翻訳で、それなりに翻訳される、分かり易い表現が多用されていますので、
ぜひとも、歌詞を追いながら聞いてみて欲しい曲です。

 
◆解説文

씨야 '이보람'이 새로운 싱글곡 "술이 생각나는 밤"를 공개한다.

올해 발표한 3곡의 싱글이 정통 발라드 곡과 빠른 템포의 화사한 곡이었다면, 이번 싱글은 미디움 템포의 발라드 곡으로 '이보람'의 새로운 보컬을 느낄 수 있다.
"술이 생각나는 밤"은 사랑하는 사람을 그리워하는 한 여자의 슬픈 노래를 표현한 노래로 투빅의 "니눈니코니입술"을 작곡한 작곡가 79의 프로듀싱으로 더욱 완성도를 높였다. 또한 기타리스트 박신원과 유명프로듀서 안영민의 피아노 연주로 곡의 애잔함을 더욱 배가시켰다.
'이보람'은 올해 소극장 공연을 기획하고 있으며 지금까지 발표했던 싱글 및 '씨야'의 대표곡들로 공연을 진행할 예정이다.


◆歌詞

술이 생각나는 밤
혼자 여기왔어요
행복했던 소중했던 그곳에 왔어요

잊지 말아요
우리의 모든걸
한잔 두잔 잔을 비울때마다

여기 이곳은 정말 변함이 없네요
그대가 없는것만 빼곤
주인 아주머니도 또 물어보네요
내 옆에 있던 사람 어디있냐고

술이 생각나는 밤
혼자 여기왔어요
행복했던 소중했던 그곳에 왔어요

잊지 말아요
우리의 모든걸
한잔 두잔 잔을 비울때마다

노래라도 할까요
그대 좋아한
그 노래도 이렇게 난 선명한데
핸드폰에는 아직 니 사진이
날 보며 웃잖아요
어떻게 해요

술이 생각나는 밤
혼자 여기왔어요
행복했던 소중했던 그곳에 왔어요

잊지 말아요
우리의 모든걸
한잔 두잔 잔을 비울때마다

난 돌아서가요
사랑은 늘 아픈거니까
그대도 그리울땐 그땐 그대 돌아와요

사랑한다는 말도
고마웠다는 말도
언젠가는 언젠가는 말할수 있게

잊지 말아요
우리의 모든걸
한잔 두잔 잔을 비울때마다
関連記事
テーマ: K-POP -  ジャンル: 音楽
by kunisan  at 19:07 |  J-pop・K-pop |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kunisan

個人旅行が好きな
kunisanのページへ
ようこそ!

旅行の記録を
自分用に残しているHPです
なので
普通のブログのように
最新の書込み順には
表示しません

旅先で知り得た情報は
なるべく載せますので
お役に立てれば幸いです

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: