HOME

【 K-pop イ・ボラム、ミュージカル「フォーリング・フォー・イブ」初挑戦 】

2011/7/24~9/11の期間に行われるミュージカル「フォーリング・フォー・イブ」の、

ダブルキャストのヒロインの一人に選ばれたイ・ボラムですが、

舞台で歌う姿が、アップされました。

かなり、いっぱいいっぱいの感がありますが、、、(>_<)

こうして元気に活動している姿を見る事が出来るのは、嬉しい事です。



7/19のインタビュー記事の中では、こんな話が出ています。


「SeeYa出身とか、元SeeYaというふうに、紹介されますが、

これまで、ずっと SeeYa のイ・ボラムとして生きて、身に余る愛情を受けて来たので、

簡単にSeeYaという名前を手放すことができないでいる。

だから、私自身は、今でも、SeeYaのイ・ボラムだと思っている。そして

今回のミュージカル出演に際しても、シーヤ解散後の一人立ちの為ではなく、

SeeYaというグループの名を汚さないように、頑張るだけです。」

と、、、また、

「ナム・ギュリ、キム・ヨンジ、5dollsのイ・スミと、

メンバーたちが応援してくれている。特にナム・ギュリは

演技についてのアドバイスもしてくれている。」

と、、、そしてさらに、

「SeeYaで、また、一緒にやりたいね。という話もメンバー同士でしている。」

と、、、、、


ファンの人にとっては、涙物のコメントだと思います。



解散後もイ・ボラムが、SeeYaの権利を持つコア・コンテンツメディア事務所に、

ひとり留まり続けた訳が、歌手として、

他の事務所に移れるほどの、価値が無いからだと思っていたのですが、
(ずいぶんヒドイ言い方ですが。。。。)

このインタビューの受け答えから、

事務所に残った本当の理由が、分かった気がします。

ともあれ、

歌以外には、運動神経ぐらいしか、優れた所が無いと思いますので、

今回のミュージカル出演については、かなり心配です。

30公演にも渡る、長丁場の公演期間中、ナム・ギュリからのアドバイスも守って、

無難に、人並みの演技ができればと、、、ただ、それだけを、祈りたいと思います。  (^_^;)



あ、それから、インタビューから、

ナム・ギュリとキム・ヨンジと、連絡を取り合っている様子も見えて来ましたね。

やはり、2009年のナム・ギュリ脱退騒動の時に行われた、ギュリ批判記者会見は、

キム・グァンス代表による、強要・ねつ造があったものと考えられますね。



他のSeeYa 関連のページはこちらから>>



追記 8/8
ミュージカルを見た人のブログに、レビューが上がり始めました。
残念ながらミュージカルの評価は、どちらかと言えば辛口が多いようです。
イ・ボラムの評価についても、心配していた通り、良くはないようですが、
全然ダメ。ということではなく、思ったよりは普通に演技が出来ている。という
評価も多いようです。
トータル的には、優れた評価は、もらえていないようないので、
少しでも成長できるように、頑張ってもらいたいものです。



関連記事
テーマ: 舞台・ミュージカル -  ジャンル: アイドル・芸能
by kunisan  at 03:22 |  J-pop・K-pop |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kunisan

個人旅行が好きな
kunisanのページへ
ようこそ!

旅行の記録を
自分用に残しているHPです
なので
普通のブログのように
最新の書込み順には
表示しません

旅先で知り得た情報は
なるべく載せますので
お役に立てれば幸いです

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: