« 前に戻る |  HOME  | 続きを読む »

【 K-pop イ・ボラム、「SeeYa(シーヤ)」として映画のOSTに参加?? 】

 
SeeYaとT-araの連名で、「最後まで」という曲が発売されました。


昨年、「僕の彼女は九尾狐」というドラマに出演し、

なかなかの、怪演ぶりを見せ、本格的に女優としての活動もスタートさせた、

T-araのヒョミンが出演する「寄生霊」という映画に使われるOSTなのですが、

同OSTアルバムに収録されている、Davichiの「Heaven」という曲が8/1にネット配信を始め、

一日遅れて、SeeYa & T-ara の「最後まで」が、ネット配信されました。


T-ara、Davichi,そして「解散したSeeYa」は、同じ事務所(コアコンテンツメディア)に属し、

映画「寄生霊」についても、事務所が共同制作として参加しています。


これまでも触れてきましたが、この事務所の代表は、キム・グァンスという、

業界内でも、かなりのやり手の有名人です。 

彼は、優秀なアイディアマンでもあり、会社のトップにありながら、

常に、タレントと現場の近くに身を置き、細部まで口出しする事でも有名。

社内では、絶対的な独裁者であり、

売り上げの為なら、手段を選ばない。という事でも有名。


経営者、制作者としては、周囲からの評価も高いらしいのだが、

一方、

育てたタレントが、一人立ちできるクラスになると、

次々とキム・グァンスから離れて行ったり、

コンピレーション(オムニバス)アルバムと呼ばれる、

複数アーティストの曲を、テーマに沿って集めたアルバムをヒットさせた事により、

個々のアーティストのアルバムが売れなくなったり、

タレントやスタッフの過渡の労働問題や、はては収賄疑惑や自己破産までと、

マイナス面でも「お騒がせ」が多い、有名な人なのです。



話題性を高めるためなら、なりふり構わず、姑息な手段も使います。  (^_^;)

ちょうど一年前の、T-araのジヨン主演の映画「コ死2」の公開に際しては、

T-araのメンバーに、一日あたり7~8ヶ所もの映画館で舞台挨拶をさせ、

観客動員を誘引しました


ちょうど二年前のT-araデビューに際しては、

「SeeYaのリーダー、ナム・ギュリ脱退の穴埋めに、

デビューを控えたT-araのジヨンが、抜擢されるのでは?」

という噂を広めながら、残されたSeeYaのメンバーとDavichiと一緒に

ジヨンを、「女性時代」という曲で、音楽番組に出演させ、話題を集めました。

ジヨンはテレビに出ると、女優のキム・テヒに似ているという事でも話題となり、

名前が売れたところで、T-araをデビューさせた。 という手段を取りました。



今回のOST曲の発表についても、解散した SeeYa の名前を使って、

少しでも話題性を高めようとする動きが感じられます。


OSTの曲が発表される。と伝えたニュースでは、
 
映画「寄生霊」のOSTのために、SeeYaが、今年1月の解散の前に録音した曲だと言い、

SeeYaの解散を惜しむファンには、良いプレゼントとなるだろう。

などと報じられました。

しかし、実際に配信された曲には、イ・ボラムひとりしか参加しておらず、

解散と同時に事務所を去った、キム・ヨンジの参加はありませんでした。


もしも、本当に解散の前に録音されたものであれば、

メインボーカルのキム・ヨンジが参加していない訳がないので、やはり、

これは、解散後に収録されたものだろう。と考えてしまいます。

仮に、

ヨンジが事務所を離れる可能性がある。という事で、

イ・ボラムだけを参加させたバージョンを、本当に、解散前に収録していたとしても、、、

やはり、今さら SeeYa という名前を使って、曲を発表するのは、違うだろうと思います。


期待を持たされたファンは、二人の声が聞ける事を楽しみにしていたハズですが、

結局、歌っているのは、イ・ボラムとT-araのソヨンの二人でした。


この二人については、

これまた、ちょうど一年ほど前に、同事務所が制作に関わり、

T-araのウンジョンを出演させた、「コーヒーハウス」というドラマの、視聴率低下を、

なんとか食い止めようと、T-araのヒョミンと3人で、

音楽番組に出演したOST曲「牛乳よりコーヒー」という曲以来のコラボでした。


先日には、

元SeeYaのイ・ボラムが出演する、

ミュージカルのインタビューの中で、

「私は、今でもSeeYaのイ・ボラムだと考えている。」

というコメントを残したのですが、それとは違って、

事務所が、今さら SeeYa の名前を使って曲を発売した事は、

話題性アップが目的。という見方をされても仕方がないのではないでしょうか。



まあ、

目的は何にしろ、イ・ボラムが、こうして活動できている事は、喜ばしい事であり、

T-araのソヨンの歌声が聴ける個人活動も大歓迎なので、結果的にはオーライなのですが、、、


おそらく、

すでに賞味期限のとっくに切れている SeeYa の名前を使ったからといって、

効果はほとんど無いと思われるので、

ちょっと、うがった見方をし過ぎているのかもしれませんが。。。(^_^;)



他のSeeYa 関連のページはこちらから>>


追記
これから封切られるこの「寄生霊」という映画。
過激なシーンが多いという事で、公開直前になって、18禁の指定を受けたらしい。
VIP試写会の会場では、応援挨拶に駆け付けたT-araのメンバーのうち、
未成年者の二人が、試写会を見る事が出来ず、
挨拶が済んだ時点で、早退させられたそうです。
若いファンを多く持つT-araだけに、観客動員数にも影響が出そうです。




再追記
イ・ボラムが所属しているはずの、
コアコンテンツメティアのホームページ
(新しく作られたばかりか?制作中?)に対して
イ・ボラム並びに SeeYa という文字が、どこにも出ていないと、
韓国人ファンが
ブログで怒りを露わにしているのを見ました。
たしかに、
現在、第一線で活躍しているT-araやファン・ジョンウムなど、
売れている、もしくは、売り出したいと思われる
タレントだけが、所属スターとして載っており、
イ・ボラムやSeeYaという文字は、どこにもありません。 (男女共学も無いようです) (-_-;)
加筆
2014年に入ってからのHP更新で、イ・ボラムの名前がようやく載りました。
・・・といっても、女優として・・掲載です・・けれど・・


過去に所属したタレントを紹介するページも作られておらず、
会社のヒストリーの中にも、移籍して会社を出て行った、
SGワナビーやチョソンモの名前は出てくるものの、
SeeYa については、まったく触れられておらず、存在した痕跡すらありません。
まったく、、、、
こんな扱いしか、していないにも関わらず、
図々しくも、「SeeYa&T-ara」というアーティストで、つい最近、
曲を発表したばかりなのです。
堂々とこんな事ができる男。それがキム・グァンス代表なのです。 (`´)
それから、
ブラックパール(Black Pearl)も所属タレントのハズですが、
名前が見当たりません。
特に解散した。という話は聞いていませんでしたので、
前回、奇跡の復活劇を経てから、はや一年、
何の活動も無いまま
、再び冬眠期間に突入していると思っていました。が、
どうやら、
メンバーの誰かが、ツイッターで解散を表明した。という噂が、
出ている事が分かりました。
真相については、他にまったく情報が出て来ないので、分かりませんが。。。
加筆
(残念ながらブラックパールは、2011年7月に契約期間満了を迎え、
そのまま再契約することなく消滅(解散)してしまったようです) (T_T)

コアコンテンツを廃業して、新しい名前の会社に変わりましたMBKエンターテインメント

2015年10月 久々にホームページを見てみたら
イ・ボラムの名前が無くなっていました・・・
ナムギュリ脱退以来、紆余曲折・・・かなり苦労したと思いますが、どうやら引退のようです。



テーマ: 韓国人歌手・ミュージシャン -  ジャンル: 音楽
by kunisan  at 23:30 |  J-pop・K-pop |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

kunisan

個人旅行が好きな
kunisanのページへ
ようこそ!

旅行の記録を
自分用に残しているHPです
なので
普通のブログのように
最新の書込み順には
表示しません

旅先で知り得た情報は
なるべく載せますので
お役に立てれば幸いです

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: