« 前に戻る |  HOME  | 続きを読む »

【 K-pop SOUL CRY(ソウルクライ)の東京ライブに行って来ました 】

東京の大久保、コリアタウンにある、

韓国食材を売るお店の3階に、K-Stage O! という小さな、

客席とステージがとても近いライブホールがあります。

10月19日(土)、そこで行われたソウルクライ(SOUL CRY) のライブ

SOUL CRY Live in Tokyo - NEXT STAGE - に行って来ました。

ソウルクライ(soulcry)東京ライブ


ソウルクライとは、韓国の男性ソロ歌手で、

韓国内では心で歌う歌手と称される、実力派のR&Bシンガーです。

代表曲は「愛の始まりは告白から」。

この曲、とあるバラエティー番組内で使われたのがキッカケで大ブレイク、

音源チャートで一位になったり、ドラマの挿入歌に使われたりと、

一躍ソウルクライの名を、世間に知らしめた曲で、

K-POPのバラード好きにはたまらない名曲だと思います。



日本では、

まだまだ知名度の低いソウルクライですが、  (会場に自分以外の男性の姿みえず・・ (^_^;)

これまでコツコツと日本での活動も続けて来ており、

今年に入ってからは、アイリスⅡのOST曲「I Love You」を出したり、

来月以降、韓国でカムバックが予定されているなど、今後が楽しみな歌手なのです。

ちなみに、日本語の公式ブログもあります。



ソウルクライについては、

男性デュオDECEMBER(ディセンバー)の2人と仲の良い友達で、日本での事務所も同じ、

という事から、彼らのライブにゲスト出演した際、その歌声を聞く機会がありました。


ソウルクライもディセンバーも、ともに熱唱するタイプの歌手ですが、

DECEMBERのテギュ(DK)の、牛追い唱法と呼ばれる、ねちっこい歌い方がどうも・・・という方には、

ソウルクライの歌声の方が合っているかもしれませんね。

実際、DECEMBERのファンの方で、ソウルクライも応援している方は多いようです。



ライブに初めて行ったのは、今年の7月、東京で行われた、

日本でのCD発売を記念して行われたライブでしたが、

その時は、声の調子がいまひとつで、高い音があまり出ていなかった印象があります。


今回のライブは、一曲目から、

おっ、今日はコンディション良さそう!と思わせてくれるスタートでした。

感情を込めて、しっとりと歌い上げる歌声は、聴き応え十分です。

本人いわく、「どんな曲でも全力で熱唱してしまう」 「ぼくは汗っかきなので・・・」

という通り2・3曲歌っただけで、額には汗が吹き出しています。



既に、大阪や岡山なども含めて、日本でのライブ経験も多く、

日本語は上手です。 MCも通訳無しで自分でこなしていました。

日本の歌もきれいな発音で歌いますし、

和服姿で、突然、客席に現れて、ノリの良いトロットで会場を沸かせるなど、

いろいろ楽しませてくれます。


顔がスヌーピーに似ていると言われているらしく、その笑顔と、素直で優しい性格から、

ファンの人たちは、親しみを込めて、彼のことをそっくんと呼びます。

シブガキ隊の薬丸くんがヤックンと呼ばれるように、ウルクライ =っくん

と思っていたら、本名が「そっくん」なんだそうです。



曲と曲の間のMCですが、

ときどき日本語が分らなかったりすると、

意味もなく突然テレ笑いを始めたり、適当にごまかそうとしたり、

「え~っと、日本語では何と言いますか?」と、ハッキリ聞いてしまったりするのですが、 (^^)

そういう姿が、ファンのお姉さまやおばさま達に、可愛らしく映るようで、

すかさず客席から、「××××」だよ~と、教えてもらったり、

「そっくん頑張って!」という声をもらって、照れ笑いする彼の姿に、

ライブ会場は、すっかり和んだ雰囲気になってしまいます。


胸に手をあてながら、気持ちを込めて熱唱する彼の姿と、

ヘラヘラとゆる~い感じのMCで、ファンから突っ込まれたりいじられてしまう彼の姿と、

そのギャップが、可笑しくてなかなか良かったです。

ちょっと大泉洋を思わせるキャラ? っていう感じでしょうか・・・ (^_^)



ところで、本人から、

一年ほど前から、急に声がハスキーになって病院に通っているのですが・・・

という話も出ました。 実際、

ライブの中盤以降は、それまでの熱唱がたたったのか、ファルセットに移る直前の音が、

スカスカと抜ける感じになり、高音を出すのに苦労していた感じがありました。

現在、カムバックに向けた準備の真っ最中という事でしたが、喉の状態ちょっと心配です。



日本では、K-POPのバラード歌手が、なかなか人気が出にくい状況ですが、

今回のカムバックで、ヒット曲を増やして、また、日本でのライブ活動をしてもらいたいと思います。

ソウルクライ(soulcry)東京ライブ

本人の人柄によるところが大きいと思われますが、

始まってから最後の握手会まで、和やかで、常に笑顔の絶えない楽しいライブでした。

テーマ: K-POP -  ジャンル: 音楽
by kunisan  at 01:14 |  J-pop・K-pop |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

kunisan

個人旅行が好きな
kunisanのページへ
ようこそ!

旅行の記録を
自分用に残しているHPです
なので
普通のブログのように
最新の書込み順には
表示しません

旅先で知り得た情報は
なるべく載せますので
お役に立てれば幸いです

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: