« 前に戻る |  HOME  | 続きを読む »

【 K-pop 元SeeYaのキム・ヨンジ新曲「毎日別れ」発表と、気になる写真 】

韓国では、セウォル号の沈没が、たいへん衝撃的な事件として取り上げられ、

テレビでもバラエティーやスポーツといった娯楽番組の放送を取りやめるなど、

国中が、なんとなく喪に服しながら、ひたすら奇跡の起こる事を祈っている。と、

そんな日が続いている中、先日2014年4月18日に、

元SeeYaのメインボーカリスト、キム・ヨンジが新曲を発表しました。


厳密には、プロジェクトアルバムと言われる一連のシリーズものの曲に

ボーカリストとして参加した形ですが、

今回のネバーランドプロジェクトというアルバムは、方向性として、

音楽的により高いレベルの曲作りと新しい試み、そして表現力の優れた歌手による

アルバム作りを目指しているようですので、

キム・ヨンジが、今回のアルバムに抜擢されたのは、

ファンとしては大変喜ばしいことです。

(キム・グァンス氏の影響下の事務所に移籍したので、何らかの力が働いたのかもしれませんが)


曲を作ったのはキム・セジン作曲家。

彼の最近のヒット曲としては、

シスターのヒョリンが歌ったドラマ「星から来たあなた」のOST曲「あんにょん」や

エイリが歌ったドラマ「秘密」のOST曲「涙が心を盗んで」があり、

どちらも、ドラマの内容に合わせた情緒的なラブバラードで、

若手の中では、ダントツトップの実力を誇る二人が、見事に歌い上げているので、

聞きごたえタップリの名曲に仕上がっていると思います。


今回、キム・ヨンジが歌った「毎日別れ」という曲は、

刻むようなリズムの典型的なミディアムテンポバラード

シーヤ解散後もソロ歌手として、これまで何曲かシングルアルバムを出して来ましたが、

スローテンポのバラードばかりだったので、久々のミディアムテンポ。やっぱり良いですね。

今回の新曲発表のニュースの伝え方からは、

正式にカムバックして、表舞台での活動もありか? という風にも取る事もできるので、

もしかしたら・・・と、ちょっと楽しみです。

ただ今回、

曲の事よりも、もっと気になったところがあります・・・それは、

ポータルサイト上のプロフィール写真

化粧の仕方が・・・だけでは済まないぐらい、

あれ、また整形しちゃった? という風に見えます。 (^^;)


キム・ヨンジは、デビューした当時と、その直後では、

顔の輪郭が随分違ったりしましたが、その後は、二重が目立つようになったぐらいで、 (^^;)

ずっと安定していたと思っていたのですが、今回の写真を見ると・・・・変わっちゃったかな?


まあ、今回の曲は、なかなか良い感じで、

オンラインチャート上でも、上位の好成績を出しているので、

そろそろ一度ぐらい、音楽番組で歌うソロ歌手キム・ヨンジを見てみたいものです。


ところでセウォル号の沈没事故ですが、他人事ではないですね。
艦内放送で「勝手に動くと事故が大きくなるから部屋でじっとしていなさい」
と言われ、さらに、修学旅行中の生徒たちは、先生からも
同じような指示を出されていたと想像できますが、
(指示を出せる立場に居た教頭は、救出されたのちスグに自殺しましたよね・・)
そんな状況で、ひとり、
「ここに居たら危ないから、早く逃げよう」
などと言えないのは、我々日本人も同じだと思います。
外からニュースを見ていれば、
そんな事言ってられない。と誰もが思いますが、
船内では、みんなもじっとしてるから。という集団的心理や、
正式な避難指示が出るまでは、勝手に動いてはいけない。
という公的な倫理観やモラルといったものが強く作用したのだと思われます。
そして、
これはただことではない。と気づいた時には、もう手遅れだったんだと思います。
ましてや、上下関係が絶対的な韓国人は、
より、そういった事が強く働いて事故の拡大に繋がったと思います。
おそらく
個人主義や自己責任といった概念の強い欧米人だったら、
もっとたくさんの人が逃げ出せていたと思われます。


アルバム紹介文と、キム・ヨンジも作詞に関わったという歌詞を
以下に載せておきます。(原文ですが)

続きを読む »

テーマ: K-POP -  ジャンル: 音楽
by kunisan  at 03:28 |  J-pop・K-pop |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

kunisan

個人旅行が好きな
kunisanのページへ
ようこそ!

旅行の記録を
自分用に残しているHPです
なので
普通のブログのように
最新の書込み順には
表示しません

旅先で知り得た情報は
なるべく載せますので
お役に立てれば幸いです

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: