« 前に戻る |  HOME  | 続きを読む »

【 K-pop キムヨンジ(元SeeYa) スポーツ会場での国歌斉唱 】

最近、youtube上に、元SeeYa キム・ヨンジの

個人撮影の動画をアップしてくれている方がいます。

著作権うんぬんと言った話もありますが、

表立った活動が出来ていない今、(^^;) こういったサイトは、

ファンにとっては貴重な情報源として、大変有り難い存在です。


昨日、この方が、

韓国プロバスケットボールのプレイオフ試合での、キムヨンジの国家斉唱の映像を公開しました。

ほんの1分程度のファンカムですが、

アカペラで見事に歌い上げる、その歌声に、

ファンとしては、思わず聞き入ってしまいました。

他に、始球式ならぬ、始投式の映像もアップされています。


また、この人は少し前に

2012年11月と、ずいぶん前の日付ですが、

ジャズバーのようなところで行われたキム・ヨンジのライブ映像をアップしています。


ソロになってからの初めて出した曲「逃げて」

自殺してしまった韓国を代表するフォークシンガーだった

キム・グァンソクの「30才の頃に」という歌など、しっとりと歌い上げ、


動画の説明のところにキム・ヨンジ本人による編曲と書かれている

SeeYa時代の代表曲のひとつ「狂った愛の歌」

個人的にはこの編曲はちょっと???ですが・・・ (^^;)


紫雨林(チャウリム)というグループのボーカリスト、キム・ユナの曲で「夜想曲」

独特な雰囲気を持つこの曲、前から好きだったので、

あらめてキム・ユナというボーカリストの事を調べてみると、

これがなかなかの才女のようで、単なるグループのボーカリストというのではなく、

曲作りからプロデュースまで全てをこなすグループの中心人物でした。

結婚して子供ができてからも、さらに活動を続けています。


ドラマ「パダム・パダム」のOST曲「愛が正しいね」

SeeYa時代に出した、チョ・ヨンス作曲家によるソロ曲「私たちまた会いましょう」

など本人の曲や外国の歌などもあり、

決して音質は良くありませんがファンにとっては貴重な映像がアップされています。


また別の日付のライブ、「ホンデ通りにて」の映像もあります。

この曲、ポジションというグループの歌ですが、聞けば聞くほど良い曲です。



貴重映像といえばついでとして、

イ・ボラムが、ドラマ「フルハウス」のOST曲「元のあの場所へ」を、

ラジオ番組内で歌うライブ映像もご紹介しておきます。

イボラムがSeeYaとしてデビューするよりもずっと前に歌ったソロ曲で、

本人が歌うライブ映像としては大変珍しいものだと思います。

レコーディングされた原曲を聞くと、

SeeYa時代の声とちょっと違って、若干ハスキーな声質に聞こえます。


テーマ: K-POP -  ジャンル: 音楽
by kunisan  at 16:10 |  J-pop・K-pop |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

kunisan

個人旅行が好きな
kunisanのページへ
ようこそ!

旅行の記録を
自分用に残しているHPです
なので
普通のブログのように
最新の書込み順には
表示しません

旅先で知り得た情報は
なるべく載せますので
お役に立てれば幸いです

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: