« 前に戻る |  HOME  | 続きを読む »

【 太陽光発電システムの飛び込み営業 その6 (陸屋根の場合) 】

後日 工事の担当者と名乗る男性二人がやって来た。

なぜか、おばちゃん営業マンは姿を見せず

さっそく屋上に上がってもらい、具体的な設置方法を聞く。


こちらとしては、すでに、自宅を建築してくれた業者から、

屋上コンクリートの厚みについて確認を取っており、

単にボルトを打ち込むだけの設置(おばちゃんの言う方法)が、不可能である事は把握している。



屋上の床コンクリートの厚みを伝えて、

オバちゃんが主張し続けている設置方法で本当に良いのかを問いただすが、

あっさりとダメだと言う。

こちらで調べておいた、二つのやり方以外の方法があるか?と聞くと

やはり、無いと言う。


どちらのやり方が適切かを見極めるために、工事の内容を具体的に聞くと、

こことここに穴をあけて・・・・」と、解り易く説明してくれた。

シャープから得ていた回答の通り、こちらが想定していた通りの内容が、

きちんと返ってきている。


また、シャープから言われていた

やり逃げ業者ではない事を確認するためにシャープの工事認定証を確認しておいて下さい

という点についても、きちんと確認出来た

どうやら、この会社技術者は、きちんとしているようで、

やはり、オバちゃん営業マンが、問題だったのである・・・・


そこで、ようやく本題 (いったい何週間かかったんじゃ???

「見積もりに書かれている設置費用で出来るのか?」について聞いてみる。



ここまで作業着姿の、明らかに技術者と分かる人が対応してくれたのだが、

金額の話になると、もう一人の営業担当のようなワイシャツ姿の男性が口を開いた。

どうやらあと30万円位は、どうしても必要だと言う。


ほら、やっぱり、そうでしょ!」 (心の中の声

続きを読む »

テーマ: 太陽光発電のある暮らし -  ジャンル: ライフ
by kunisan  at 02:04 |  太陽光発電 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

kunisan

個人旅行が好きな
kunisanのページへ
ようこそ!

旅行の記録を
自分用に残しているHPです
なので
普通のブログのように
最新の書込み順には
表示しません

旅先で知り得た情報は
なるべく載せますので
お役に立てれば幸いです

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: