« 前に戻る |  HOME  | 続きを読む »

【 かつおのなまり節のおかげ? うちの猫2匹とも20年以上の長生き 】

いま、我が家には、

キジトラとミケの2匹のネコ(♀)がいます。


4年前に、隣に住む甥っ子と姪っ子が、

「私たち、ちゃんと、この子たちのお父さんとお母さんになります!」と宣言して

生後10日目ぐらいのネコ2匹をもらってきたのですが、

結局、、、飼っているのは我が家。という事になっています。


ねこのクロちゃん  ねこのチャーちゃん



猫を飼うのは、これが2度目です。

以前飼っていた猫は、自分が高校を卒業する頃だったとおもいますが、

弟が連れて来た、生後10日目ぐらいのキジトラとミケの2匹(♀)でした。

当時、

実際に面倒を見たのは、自分の母親でしたが、

キジトラの色が茶→黒になった以外は、今いる2匹のネコと、

性格も体型も、ほぼ一緒でした。


性格的には

キジトラの方が、どっしりと構えていて根性が座っている感じ。 ミケは気が小さいですね。

体型的には、

トラの方が太りやすく、ミケの方は動きがすばしっこいです。


先日、動物病院の待合室で、隣に座った、

猫を連れた年配の女性から、「猫の餌について悩んでいる」

という話が出たので、

「以前飼っていた猫2匹は、カツオのなまり節だけで、20年以上生きましたよ」

と話をしたら、もの凄く喜んで、

良い情報をもらえた。と嬉しそうに帰って行きました。


わたしは、

かつおのなまり節が、ねこに対して、良いエサなのか悪いエサなのか? 解りません。

したがって人にお薦めする話でもありません。

その女性にも、その点については良く話をさせていただきましたが、

ミケが22年 キジトラが20年 生きた。

という、その事実だけで十分と、大変喜ばれました。


いま、なまり節は、

近所のスーパーに、ほとんど置いていないので、

手にいれる事が難しいです。 あったとしても値段そこそこしますし・・・


当時、うちの母親が、どこで手に入れていたのかは不明です。

ただ、

食卓の食材に関しても、お金をケチるような事はしていなかったので、

良かれと思って、なまり節を買い続けていたのだと思います。

なまり節が定着していて、キャットフードはあまり食べなかった覚えがありますので、

ほぼ毎食、なまり節だったと思います。


2匹とも去勢手術はしました。

キジトラは、かなり太ったので、途中でメチャからブーと名前が変わりました。。。(^^;)

2階のベランダから、柿の木を伝って、外に出る事はできたので外出もしていました。

キジトラは近所の野良猫とケンカして、ケガを負って帰ってきた事もありました。

ミケの方は気が弱いので、外出は控えめだったと思います。。。

あと、ノミ取りの首輪は使っていました。(いまネット上では不評グッズのようです)

他には、特に変わった事は無く、

長生きの秘訣。みたいなものは無かったと思います。



いま居る猫2匹は、基本的にはキャットフードです。 ごく稀になまり節登場します。

太り気味という事で、

病院から指導を受けて、サイエンスダイエットのr/dを利用したりもしています。

ヨメは、おやつと称して、色々な缶詰やチュールなんかを買い与えています。。。



決して、お薦めするワケではありませんが、

特に、キジトラの方は、かなり太り気味でも20年、生きた事実がありましたので、

いちおう記載しておきたいと思います。


テーマ: 猫のいる生活 -  ジャンル: ペット
by kunisan  at 13:11 |  ペット |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

kunisan

個人旅行が好きな
kunisanのページへ
ようこそ!

旅行の記録を
自分用に残しているHPです
なので
普通のブログのように
最新の書込み順には
表示しません

旅先で知り得た情報は
なるべく載せますので
お役に立てれば幸いです

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: